「屈辱の日」「民主主義危い」 基地問題、改めて政府批判 魂の飢餓感強調

記者会見する翁長雄志知事=28日午前、県庁
記者会見する翁長雄志知事=28日午前、県庁

 【那覇】翁長雄志知事は28日の記者会見で、サンフランシスコ講和条約が発効して日本が独立を回復した1952年4月28日を県内の一部で「沖縄が本土から切り離された屈辱の日」と呼ぶ動きがあることについて「私たちにとっては、ある意味で日本から切り捨てられた日だ」と肯定した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設など米軍基地問題で政府と沖縄の対立が続く現状について「日米安保体制を構成している地方自治や民主主義が危うい状況になっているのではないか」などと改めて政府批判を展開した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest