米国が提案、費用も支出 47年前、尖閣諸島に警告板設置 工事指揮の比嘉さん回想

 【那覇】沖縄復帰前の1970(昭和45)年、当時の琉球政府は、尖閣諸島(石垣市)の5島に外国人の不法上陸などを禁止する警告板を設置した。設置工事を指揮した元琉球政府職員の比嘉健次さん(91)=那覇市=によると、警告板の設置は米国政府が提案し、設置費用も補助していた。尖閣諸島の領有権をめぐり、現在の米国政府は中立の立場を取っているが、72年の米中国交回復以前は、明確に日本領であると認識していたことがうかがえる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest