陸自配備は「失業対策」 県紙記者、福元氏が講演

講演会では質疑応答も行われた=10日夜、大川公民館
講演会では質疑応答も行われた=10日夜、大川公民館

 【石垣市】「陸自配備の狙い~取材から見えてくるもの~」と題した講演会(沖縄県議会会派 社民・社大・結連合主催)が10日夜、大川公民館で開かれた。講師は沖縄タイムスの政経部県政キャップで県マスコミ労働組合協議会副議長の福元大輔氏。福元氏は南西諸島の陸自配備について、「北海道で居場所を失った自衛隊が失業対策として沖縄に来る」と断言した。

 福元氏は沖縄県が調査した戸別訪問で得た「自衛隊に対する印象」を紹介。八重山で「良い印象」の数値が他地域と比較して高いことから、「尖閣の問題を身近に感じていることもあるのだろう。自衛隊に対する印象は、八重山はずば抜けて高い」と現状を述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest