琉球最古の上陸記録も 尖閣資料の調査報告公表 内閣官房

「大清一統志」から、台湾最北端部分の地図。鶏籠(今のキールン)に、境界を示す「界」と明記してある(国立公文書館所蔵)
「大清一統志」から、台湾最北端部分の地図。鶏籠(今のキールン)に、境界を示す「界」と明記してある(国立公文書館所蔵)

 内閣官房領土・主権対策企画調整室は、尖閣諸島(石垣市)に関して2016年度に収集した資料の調査報告書を12日、ホームページで公表した。1819年、琉球国の王族による最古の尖閣諸島上陸記録が掲載された。明朝、清朝時代の中国が、尖閣諸島を自国領とみなしていなかったことを示す中国の史料も、諸外国の認識の一つとして初採用された。

 同室によると16年度に収集した資料は330件で、報告書ではこのうち18件を紹介している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest