慰安婦・南京「意見併記を」 副読本継続で意見交換

第2回石垣市教育委員会定例会が行われた=25日、石垣市教育委員会事務所
第2回石垣市教育委員会定例会が行われた=25日、石垣市教育委員会事務所

 第2回石垣市教育委員会定例会が25日午後、同事務局で開かれ、教科用図書八重山採択地区協議会委員に仲大盛秀彦委員と金城綾子委員が選出された。子どもと教科書を考える八重山地区住民の会から15日に再び要請のあった副読本「八重山の歴史と文化・自然」の継続刊行について委員間で意見交換されたが、石垣安志教育長は「調査、研究を進めながら検討していく」と述べるにとどめた。

 副読本の継続について髙里正明委員は「有効活用すべき財産で、大変な力作」と評価した上で「毎年配布するのではなく図書館に置く方法もある。位置付けが曖昧で、まずどう活用するのかはっきりさせるべき」と意見を述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest