撤回、提訴時期明言せず 知事「民意は辺野古反対」

記者会見する翁長知事=26日午前、県庁
記者会見する翁長知事=26日午前、県庁

 【那覇】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で、護岸工事着手から1ヵ月経過したことについて、翁長雄志知事は26日の定例記者会見で「必ず(埋め立て承認を)撤回する機会は出てくる。法的観点から丁寧に検討した上で対応する必要がある。あらゆる手法を駆使して辺野古新基地を造らせない」と述べた。撤回や工事の差し止め訴訟を提起する時期は明言しなかった。

 工事を着々と進める政府の姿勢を「なりふり構わず、既成事実をつくろうと躍起になっている」と批判。辺野古移設に反対する県民の「民意」について「県民は理不尽だと思っている。知事選、衆院選、参院選で新辺野古基地を造らせないという民意は表れている」と従来の立場を繰り返した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest