西表で10年ぶり捕獲 目撃情報 通報呼び掛け オオヒキガエル

西表島で捕獲されたオオヒキガエル(西表野生生物保護センター提供)
西表島で捕獲されたオオヒキガエル(西表野生生物保護センター提供)

 環境省は26日、西表島で在来の生態系に悪影響を及ぼす恐れがある特定外来生物のオオヒキガエルが10年ぶりに捕獲された、と発表した。オオヒキガエルは現在、八重山では石垣島だけで繁殖が確認されており、資材などに紛れて西表島に再侵入した可能性がある。同省西表野生生物保護センターは「まだ島内にオオヒキガエルが潜んでいるかも知れない。目撃情報があれば連絡してほしい」と呼び掛けている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest