世論〝ミスリード〟の具に 国連特別報告者を政治利用

米軍キャンプ・シュワブ前で工事を阻止しようと座り込み、機動隊に排除される基地反対派=4月24日
米軍キャンプ・シュワブ前で工事を阻止しようと座り込み、機動隊に排除される基地反対派=4月24日

 【那覇】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設などに反対する沖縄平和運動センター議長、山城博治被告の逮捕、起訴をめぐり、国連の特別報告者、デービッド・ケイ氏らが「表現や集会の自由を萎縮させる恐れがある」と日本政府に是正を求めた。しかし国連の特別報告者は、海外に在住しながら、過去にも沖縄の反基地運動に一方的に肩入れする発言をしたことがある。中立・公正さを疑わせる言動の背景には、基地反対派による国連特別報告者の〝政治利用〟も指摘されている。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest