東の浜で初の「御願バーリー」 船越屋ハーリー20周年

2隻の船を担ぎ、東の浜から西岸の船越漁港まで運ぶ「船越」が行われた=29日午前、伊原間地区
2隻の船を担ぎ、東の浜から西岸の船越漁港まで運ぶ「船越」が行われた=29日午前、伊原間地区

 石垣島北部の船越漁港で29日、第20回船越屋ハーリー(主催・北部漁友会)が開かれた。20周年を記念し、東の浜で初めて「御願ハーリー」が開催されたほか、マグロ解体ショーや刺身・魚汁そばの無料配布も行われ、多くの人でにぎわった。

 同ハーリーは伊原間在住の平良正吉さん、八重子さん夫妻が発起人となり、1998年に開始。船越地区は東西の陸地幅が数百メートルほどしかなく、昔の漁師は天候により、船を担いで陸地を渡ったとの言い伝えに基づいている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest