陸自配備 東アジアの安全に重要 防衛研究所の飯田氏講演 「中国の行動抑止」と強調

 八重山防衛協会(三木巌会長)の定期総会が2日、石垣市内のホテルで開かれ、防衛研究所の飯田将史主任研究官が「南西諸島を取り巻く国際情勢」をテーマに講演した。「南西諸島の防衛力を維持強化することは、日本だけでなく、東アジアの安全を保つ観点でも重要なポイント」と力説。講演後に発言した三木会長は「石垣島に自衛隊を駐屯させるのは重要な意味がある」と応じた。

 

 飯田氏は、海洋進出を進める中国の狙いについて「台湾の統一、尖閣諸島の奪取、南シナ海の支配」と指摘。「中国にとって米軍の行動を邪魔し、この地域に接近できないようにすることが重要な課題。そのために着々と西太平洋への戦力投入を図っており、その通り道が南西諸島、八重山だ」と警鐘を鳴らした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest