セブン、沖縄に出店表明 250店展開、競争激化へ

沖縄出店を報告したセブンイレブンジャパンの古屋社長(写真左)と翁長知事=9日午前、県庁
沖縄出店を報告したセブンイレブンジャパンの古屋社長(写真左)と翁長知事=9日午前、県庁

 コンビニ最大手のセブンイレブン・ジャパンの古屋一樹社長は9日午前、翁長雄志知事を訪問し、沖縄に進出する意向を表明した。2019年度をめどに出店を始め、5年間で約250店舗を展開する予定。沖縄県は全国の都道府県で唯一セブンの店舗がなかったが、進出により「空白県」が解消する。コンビニ大手の顧客争奪戦が激化しそうだ。

 古屋社長は「2019年にオープンを予定しており沖縄経済の活性化に貢献したい」と述べ、翁長知事は「シェア全国一のコンビニエンスストアの県内出店は沖縄にとってのメリット」と期待した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest