国内報道は「歪曲」 中国語通訳に疑問も 国連訪問の石井望氏

国連を初めて訪れた印象を語る石井氏=14日、国連欧州本部
国連を初めて訪れた印象を語る石井氏=14日、国連欧州本部

 【スイス・ジュネーブ】国連人権理事会を訪れた長崎純心大の石井望准教授は14日、八重山日報のインタビューに応じた。特別報告者、デービッド・ケイ氏に関する日本国内の報道に疑問を呈したほか、我那覇真子さんの演説に関しても、会場で流れた中国語の通訳に疑問を呈した。

 私(石井)が国連を訪れたのは初めて。ケイ氏の報告は中国語の通訳で聞いた。特に強調していたのは記者クラブ制度。第一に、その独占性が良くない、第二に大手メディアに入社しないとジャーナリストは発言権を持てないということだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest