「反対ばかりで閉塞感」 砂川県議が翁長県政批判 議会報告会

議会報告会であいさつする砂川県議=17日夜、石垣市内のホテル
議会報告会であいさつする砂川県議=17日夜、石垣市内のホテル

 砂川利勝県議(石垣市区選出)の議会報告会が17日夜、石垣市内のホテルで開かれ、多数の関係者が詰め掛けた。砂川県議は、米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を主張する翁長雄志知事について「反対ばかり唱えるリーダーのもとに、八重山の住民が被害を受けている。辺野古ばかりを取り上げて尖閣諸島のことは言わないが、どちらも国の専権事項だ」と批判した。

 翁長知事を仲井真弘多前知事と比較し「仲井真さんはストレート勝負でスピーディだったが、今はスローカーブを投げるようなリーダー。そんなリーダーは要らない」と一刀両断。国からの一括交付金が減額されている現状を指摘し「辺野古ばかりで物事が進まない。この閉塞感を解決するため県政を変え、国と連携できる環境づくりを必ず実現したい」と、来年の知事選での県政奪還を呼び掛けた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest