「国防に穴 得策でない」 市長、最終判断は保留 陸自配備問題

 石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、19日の石垣市議会一般質問では野党の2氏と中山義隆市長が論戦を交わした。中山市長は、政府が防衛大綱で南西諸島への自衛隊配備を打ち出した背景について「(石垣島への配備で)切れ目ない防衛体制ができあがる。石垣島を外して、わが国全体の国防の中にぽっかり穴を開けてしまうのは得策ではない」と、一定の理解を示した。一方で「(私からは)一切誘致の発言はしていない。私自身も賛成反対両方の方々と話し合いをしたい」と最終判断を保留した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest