目的税「導入の方向」 防犯灯350基増設へ 石垣市議会

 石垣市議会(知念辰憲議長)6月定例会は19日から一般質問の日程に入り、初日は石垣亨、長浜信夫、仲嶺忠師、箕底用一、福島英光の5氏が登壇した。観光振興に向けた法定外目的税の導入について中山義隆市長は「関係団体、業界の皆さんとも調整しながら、導入する方向で理解を得ていきたい」と明言した。
 箕底氏が導入に向けた取り組みをただした。中山市長は、一括交付金を活用して観光地整備、観光プロモーションなどを展開している一方、あと4年で一括交付金制度が終了すれば「非常に難しくなる」と指摘。「観光に特化した制度創出に向けて積極的に取り組むべきだ」と述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest