「下手に刺激 得策でない」 「配備 抑止力になり得る」

自衛隊配備問題について答弁する中山市長=20日午後、市議会
自衛隊配備問題について答弁する中山市長=20日午後、市議会

 石垣島への陸上自衛隊配備問題で、石垣市議会一般質問では20日、与野党3人が賛成、反対の立場から中山義隆市長の見解をただした。野党と市長は、自衛隊が抑止力かどうかをめぐって激論を交わした。

 野党の小底嗣洋氏は「中国を仮想敵国として防衛体制を取って、下手に相手を刺激することは得策ではない」と配備反対を明言。「石垣島に地対空、地対艦ミサイルを配備しても、中国はそれ以上の弾道ミサイルを持っているから、抑止力にはならない。(石垣島への配備は)むしろ火に油を注ぐ」と持論を展開した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest