崎枝氏の質問打ち切り 知念議長「私生活の事項」 市議会

記者会見し、自らの一般質問打ち切りに抗議する崎枝氏(中央)=20日午後、野党控え室
記者会見し、自らの一般質問打ち切りに抗議する崎枝氏(中央)=20日午後、野党控え室

 20日の石垣市議会一般質問で、野党の崎枝純夫氏が中山義隆市長所有のマンション2軒について質問し、知念辰憲議長から「私生活に関する質問だ」と注意されたものの無視して続行、強制的に一般質問を打ち切られた。議会事務局によると、議長の職権による一般質問の打ち切りは初めてと見られる。

 崎枝氏は、市長の資産公開条例に基づいて公開された情報をもとに「那覇と東京に2軒の不動産が出てきた」などと発言。マンション購入の経緯などをただそうとし、知念議長から「私生活に関することなので(一般質問は)禁止します」と再三注意された。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest