米海兵隊員と親睦深める 久米島で町民ら交流会

大田町長(写真右から4番目)に歓迎されたキャンプフォスター截空道クラスのメンバー=9日、久米島町
大田町長(写真右から4番目)に歓迎されたキャンプフォスター截空道クラスのメンバー=9日、久米島町

 【久米島】米軍のキャンプフォスター所属で、総合格闘武道の截空道(せっくうどう)を習っている米海兵隊員4人がこのほど、久米島を訪れ、4日間にわたって同島町民と親睦交流した。

 期間中の初日夜には、久米島青年会の主催による沖縄相撲大会が開催され、海兵隊員4人が参加。ジャスティン・ハウスさん(22)が青年会長賞を受賞した。ジャスティンさんは「とても楽しかった。来年も出てみたい」と感想を述べた。大田治雄久米島町長は「海兵隊員と町民が交流できたことはうれしく思う。来年以降は、町にもかかわっていきたい」と述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest