野党 はしご外される 来年の市長選に影響も 住民投票否決

住民投票条例案を発議で提案し、質疑に応じる野党の宮良操氏=26日午前、市議会
住民投票条例案を発議で提案し、質疑に応じる野党の宮良操氏=26日午前、市議会

 石垣島平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画を問う住民投票条例案が26日、市議会で否決された。野党は与党の「造反」を見越して勝負に出たが、最後にはしごを外された形だ。住民投票に反対してきた中山義隆市長は、ひとまず危機を乗り切った。住民投票条例案への賛成を見送った与党市議の1人は、来年3月の市長選で野党候補者の1人に浮上しており、住民投票条例の否決は市長選にも影響しそうだ。

 

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest