「住民反対なら置けない」 陸自配備問題で知事 県議会

答弁する翁長知事=6月30日 県議会
答弁する翁長知事=6月30日 県議会

 【那覇】県議会(新里米吉議長)6月定例会の一般質問1日目が6月30日行われ、島袋大氏(自民)、山川典二氏(同)、座波一氏(同)、砂川利勝氏(同)、中川京貴氏(同)、又吉清義氏(同)、花城大輔氏(同)が登壇した。宮古島と石垣島への陸上自衛隊配備について翁長知事は「私は自衛隊を認めている。救急搬送も離島にとってはありがたい。配備に関しては、(国が)丁寧に説明し反対者からの理解を得ることも重要」と述べた。

 自衛隊配備問題は花城氏が質問。翁長知事は「地域で自衛隊は定着している。自衛隊の配備には住民の理解が必要で、反対している住民がいる場所に置くわけにいかない」と述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest