沖縄空自、方面隊へ格上げ 南西航空混成団を新編

武藤空将(中央)に宮澤政務官から指揮官旗が授与された=1日 航空自衛隊那覇基地
武藤空将(中央)に宮澤政務官から指揮官旗が授与された=1日 航空自衛隊那覇基地

 【那覇】航空自衛隊南西航空方面隊(武藤茂樹空将)は1日、南西航空混成団から同航空方面隊への新編に伴い記念式典を那覇基地で行った。

 防衛省は近年増加する対領空侵犯措置に伴い戦闘機部隊の増加や通信部隊を同混成団に新設した。先月の法令公布を受け同日に航空方面隊に改編し、併せて下部組織の南西航空警戒管制隊を南西航空警戒団に改編、格上げした。

 格上げは、傘下の戦闘機部隊が昨年改組され、所属するF15が約20機から約40機に増強されたことに伴うもの。空自の実動部隊はこれまで北部、中部、西部の3航空方面隊と南西航空混成団で構成されていたが、これで全ての部隊が「方面隊」でそろうことになった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest