〝充実〟蘇澳鎮の旅 児童生徒20人が帰島 市教委交流事業

蘇澳鎮での交流事業を終えた児童生徒が帰島した。保護者や関係者に出迎えられて笑顔=3日、石垣空港
蘇澳鎮での交流事業を終えた児童生徒が帰島した。保護者や関係者に出迎えられて笑顔=3日、石垣空港

 2017年度石垣市小学生・中学生教育交流事業(市教委主催)で台湾・蘇澳鎮を訪問した児童生徒20人が3日、4泊5日の旅を終え帰島した。石垣空港で出迎えた保護者らを前に児童生徒は、「絆が深まった。また台湾に行きたい」「楽しむことができた」など、充実した旅を報告した。
 石垣小学校6年の宮川愛羽さんは、「蘇澳鎮の歴史や生活習慣に触れることができた」と関係者らに感謝。台湾の子どもたちとバスケットボールで交流したことや、「ホームステイ先の家族が優しく接してくれた」と思い出を語った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest