進路決定 5年連続100% 八商工、就職・進学で結団式

短冊に希望を書くなど、進学・就職へ意気込みを示した=5日、八商工
短冊に希望を書くなど、進学・就職へ意気込みを示した=5日、八商工

 進学や就職活動を3年生全員で乗り切る雰囲気をつくろうと八重山商工高校(新城英人校長)で5日、3年生132人を対象に進学・就職活動結団式が行われ、全員の合格を誓った。同校によると、海外留学希望者以外の進路決定率は過去5年連続で100%という。

 生徒会長の金城翔人君は、「就職、進学するにも後悔しないようにしたい。悩み抜いて進路を考えてほしい」と全員に呼び掛けた。
 新城校長は、自身が民間企業で面接官をした経験からアドバイス。「普段からあいさつをしているか面接官はすぐわかる。普段からあいさつができていることで、人とのつながりを大切にしているかわかる」とあいさつの重要性を述べた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest