当たり前守る難しさ 具志堅勇介さん(29) 沖縄電力㈱ 島で暮らす島で働く⑦

高所作業車で作業する具志堅勇介さん=石垣市伊原間
高所作業車で作業する具志堅勇介さん=石垣市伊原間

 暗闇のなか、ロウソクの明かりを頼りに心細い時間を過ごす。食事をするのも、部屋の中を移動するのもままならない。幼少時、台風の影響で停電したときの記憶が今でも残っている。
 「電気がないと普通の生活ができない」。停電に不安を感じていた少年はいま、沖縄電力八重山支店配電課の停電管理担当として島の電力供給に従事している。「電気が使えるのは当たり前」、当たり前を守る難しさに立ち向かう毎日だ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest