当山さん(石垣市)が162㌔でトップ 競技初日は水揚げ3本 与那国カジキ釣り大会

162㌔のクロカワカジキを仕留め、初日トップとなった当山さん(左から3人目)
162㌔のクロカワカジキを仕留め、初日トップとなった当山さん(左から3人目)

 第28回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会は8日、競技初日が行われた。トローリングの部ではクロカワカジキ2本、マカジキ1本の計3本が水揚げされ、162㌔のクロカワを仕留めた「チーム世美がえり」の当山喜一郎さん(石垣市)がトップとなった。

 競技は午前7時にスタート。7日夜の交流会でステージに立った、米蔵一政正さんや石垣市民踊愛好会のメンバーが歌と踊りで見送る中、30チームの船が一斉に出漁した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest