与党過半数割れ 翁長県政、城間市政に打撃 那覇市議選

 任期満了に伴う9日投開票の那覇市議会議員選挙(定数40)の最終結果が10日判明した。翁長雄志知事を支持する勢力が改選前(欠員5、総数35)の20人から18人に後退し、過半数を割った。城間幹子那覇市長就任以来初の市議選だったが、翁長県政、城間市政に厳しい結果となった。翁長知事を支える「オール沖縄」勢力が県都で過半数を割り込んだことで、来年の知事選や那覇市長選に影響を与えるのも必至だ。

 翁長氏は今年実施された県内3市長選に続く敗北となった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止に向けて打撃となりそうだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest