豊年祭シーズンスタート 力強く「ビッチュル石」奉納 川平

ビッチュル石の奉納が行われた=14日午後、赤イロ目宮鳥御嶽
ビッチュル石の奉納が行われた=14日午後、赤イロ目宮鳥御嶽

 八重山の豊年祭シーズンがスタートした。川平集落にある4御嶽で14日、豊年祭が行われ、今年の豊作を感謝し来夏世の五穀豊穣を祈願した。そのうち赤イロ目宮鳥御嶽では、重さ60㌔の俵型の石を担ぎ境内を回るビッチュル石の奉納が行われ、独特の行事に大きな拍手が湧いた。
 ビッチュル石は川平村に豊作と繁栄をもたらす石とされており、年々大きくなっていると伝えられている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest