出荷体制強化に期待 モリンガ生産で新組織 拠点産地化も視野

「奇跡の植物」と呼ばれるモリンガ(資料写真)
「奇跡の植物」と呼ばれるモリンガ(資料写真)

 健康食品として知られるモリンガの販売を行う沖縄モリンガ有限責任組合と、石垣市内の生産者で構成される事業共同組合の設立を前に15日、市内ホテルに関係者が集い記念式典を開いた。来賓の中山義隆市長は、「石垣島の新たな作物として栽培し、健康産業の重要作物として(県に)拠点産地として認定していただけるようにしたい」と拠点産地化を視野に入れた。2組織の設立で安定的なモリンガ生産と、出荷体制の強化に期待が寄せられている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest