温泉ホテル計画に疑問相次ぐ 温浴事業で住民説明会 竹富島

温泉ホテル計画に関する住民説明会が開かれた=18日夜、まちなみ館
温泉ホテル計画に関する住民説明会が開かれた=18日夜、まちなみ館

 【竹富】竹富島で掘削が進められている、温泉ならびに同温泉を活用したホテル(温浴施設)の建設計画に関連し、事業主体の㈱竹富島黒潮観光は18日夜、第3回目の住民説明会をまちなみ館で開催した。説明会では、ホテル部分の計画概要が初めて明らかにされ、質疑応答では同計画に対する反対や疑問の声が相次いだ。

 説明によると、温浴施設は竹富島出身の上間毅氏が代表を務める黒潮観光が開発、所有し、㈱ピース企画(平安秀昭代表取締役)が運営する。現存のホテルピースランド竹富島に隣接し、コンクリートブロック造平屋建て、延べ床面積千361平方㍍を予定している。ホテル客室数は25室、従業員寮が5室あり、工事開始後6~8カ月での完成を見込んでいる。総工費は5億円。温泉は日帰り客や民宿宿泊者も利用できる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest