世界王者の廣虎引退 15年間の格闘技人生に幕

引退会見に臨む廣虎=21日、大濱信泉記念館
引退会見に臨む廣虎=21日、大濱信泉記念館

 プロキックボクサーでISKA世界ライトミドル級王者の廣虎(34)(本名・根間裕人)=大浜出身=が21日、大濱信泉記念館で現役引退会見を開いた。廣虎は悲願の世界王者となったことで「安心して引退できる」と話し、15年間の格闘技人生に幕を下ろした。
 格闘技人生はボクシングからスタート。2003年にボクシングでプロデビューを果たした。07年にキックボクシングに転向。ミドル級の全沖縄タイトル、日韓タイトルなど取得し、16年7月にISKA世界ライトミドル級に挑戦。王者からダウンを奪ったが、判定で敗れた。翌年の11月に世界タイトルを奪取し、悲願達成となった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest