普天間「県外移設追求を」 改造内閣発足で知事

 翁長雄志知事は3日、第3次安倍第3次改造内閣に対し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「改めて県外移設を追求した上で、飛行場の固定化を避ける方策の検討をお願いしたい」とのコメントを発表した。
 同時に「日本の安全保障は日本全体で考えるべきだとの認識の下、沖縄県民の声に真摯(しんし)に耳を傾け、沖縄の基地負担軽減に取り組んでもらいたい」と求めた。
 稲嶺進名護市長も記者会見で、普天間移設に関し「『辺野古が唯一』(の解決策)という固定観念を取り払い、別の方策を考え出してほしい」と望んだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest