東北に郷土芸能の風 八重高、八重農が競演 全国高文祭

 【宮城】第41回全国高等学校総文化祭(みやぎ総文)は3日、宮城県名取市文化会館で郷土芸能部門の2日目が行われ、沖縄県代表の八重山高校郷土芸能部(岸本沙羅部長、部員56人)と八重山農林高校郷土芸能部(新城舞部長、部員25人)が出演した。両校部員らは、地域に伝わる郷土芸能を元に構成した創作芸能をはつらつと演じ、杜の都仙台に八重山の風を吹かせた。
 八重高は午後の部トップで出演。黒島の「タイラク」「コームッサー」などを中心とした「今日が日ば 黄金日ば」を演じた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest