「政府と県、責任放棄」 普天間返還で佐喜真市長 宜野湾市

「普天間飛行場の一日も早い返還を」と訴えた佐喜真市長=10日、宜野湾市役所
「普天間飛行場の一日も早い返還を」と訴えた佐喜真市長=10日、宜野湾市役所

 【宜野湾】沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した事故から13日で13年となることを受け、佐喜真淳宜野湾市長は10日、宜野湾市役所で記者会見した。「事故から13年たった今でも全面返還の約束が守られず、市民の切実な願いが置き去りにされている」と県と政府の対応に不満を表明した。現在の状況について「政府と県は法廷闘争を繰り返すなど移設先を巡り対立を深めており、原点である普天間飛行場の返還に向けた議論は全く聞こえてこない。これは双方ともその責任を放棄していると言わざるを得ない」と県と政府の双方を批判した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest