「希望持つ手助けを」 南スーダンに高尾氏派遣 赤十字

浦崎副知事と高尾氏(中央)らで記念撮影=25日、県庁
浦崎副知事と高尾氏(中央)らで記念撮影=25日、県庁

 【那覇】沖縄赤十字病院看護師長の高尾実千代氏(52)が国際支援事業の一環で南スーダンに派遣されることになり、25日、報告のため県庁に浦崎唯昭副知事を訪問した。
 派遣は赤十字国際委員会(本部・スイスジュネーブ)からの要請によるもの。派遣期間は2017年8月27日から19年2月14日までの約6カ月間。
 高尾氏は現在までに5回の国際活動実績があり、パキスタン、ケニア、パラオ、イエメンに派遣されている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest