辺野古撤回「慎重に決断」 オスプレイ 本土に共通認識要求

記者会見する翁長知事=25日午前、県庁
記者会見する翁長知事=25日午前、県庁

 【那覇】翁長雄志知事は25日の記者会見で、米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古沿岸の埋め立て承認撤回の時期について問われ「重要な案件なので、慎重にも慎重を期して、私が責任を持って決断する」と明言を避けた。米軍の垂直離着陸機オスプレイについて「オスプレイが落ちるのは沖縄からすると肌に感じる危険性」とした上で「本土との共通認識をいかに持てるか、全力を挙げてやっていきたい」と強調した。

 撤回を理由づけるため、辺野古移設の是非を問う県民投票を求める声があることに対しては、9市の市長が翁長知事に反対する姿勢を示していることを挙げ困難視。「私が(県民投票)条例を提案することは考えていない」とした。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest