ケラマトカゲモドキを指定 緊急種で保護 阿嘉島などに生息

緊急指定種に指定されたケラマトカゲモドキ (自然環境研究センター提供)
緊急指定種に指定されたケラマトカゲモドキ (自然環境研究センター提供)

 環境省は7日、沖縄県の渡嘉敷島と阿嘉島にのみ生息する希少な「ケラマトカゲモドキ」を、種の保存法に基づき緊急指定種に指定すると発表した。期間は8日から3年間で、捕獲や採取、譲渡が禁じられる。

 ケラマトカゲモドキはこれまでも、「国内希少野生動植物種(希少種)」に指定されたマダラトカゲモドキの同亜種とされ、捕獲などが禁止されていた。最近の学術論文で別亜種と認められ、この規制対象から外れるため、緊急指定種として保護を図る。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest