星空保護で光害対策 新設防犯灯 角度調整へ 85基、配置案まとめる 竹富町

 竹富町は、8日までに国が補助する防犯灯85基の配置案をまとめた。町内21地区にヒアリングして要望をまとめたもので、今後の経過しだいで変更することもある。工事は遅くても来年1月着工予定。設置完了は年度内。石垣市と共に星空保護区の認定を目指す竹富町は、2018年度に既存の防犯灯の光害(ひかりがい)対策を進める。新規防犯灯は角度を調整して対策する考え。

 町民課の上野エミ課長は「配分は大まかに決まっているが、電気設備の調査をして取り付け可能か判断する」と配置が最終決定ではないことを強調した。新規防犯灯は既存の電柱に設置することが条件。電球はLEDでオレンジ色を予定。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest