100年前の沖縄紹介 ウィルソン氏撮影の写真初公開

ウィルソン株の特大パネル=8日、県立博物館・美術館
ウィルソン株の特大パネル=8日、県立博物館・美術館

 【那覇】「ウィルソンが見た沖縄~琉球の植物研究史100年とともに」(主催・県立博物館・美術館)が8日から同博物館で開幕した。屋久島の「ウィルソン株」で知られるアーネスト・ヘンリー・ウィルソン(1876~1930)は100年前の1917年に沖縄を訪れ59枚の写真を撮影した。ハーバード大学に眠っていた写真が古居智子氏によって発見され、公に展示されるのは今回が初めて。古居氏の調べで59枚の写真のうち44枚の撮影場所が特定できた。現在の写真との違いを見比べるのも楽しい。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest