市民の命 私が守る 救急の日、講習会に80人

心肺蘇生方法を学んだ﨑山瑠子さん=9日、石垣市民会館中ホール
心肺蘇生方法を学んだ﨑山瑠子さん=9日、石垣市民会館中ホール

 石垣市消防本部は「救急の日」の9日、石垣市民会館中ホールで応急手当普及セレモニーを開き、救急法講習会を開き、市民80人が参加した。心肺蘇生とAEDの使い方を学んだ、石垣中2年バスケットボール部の﨑山瑠子さん(13)は、「友だちが倒れたら、人を呼んで状態を確認して自分で心肺蘇生したい」と市民を守る決意を新たにした。

 講習会ではプロジェクターを使った講話からスタートし、参加者は応急処置の基礎を学んだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest