キョウジョシギ飛来

飛ぶと白い背や翼、腰の模様が目立つ冬羽のキョウジョシギ
飛ぶと白い背や翼、腰の模様が目立つ冬羽のキョウジョシギ

 13日午前10時ごろ、石垣島大浜海岸にキョウジョシギの群れが飛来して、波打ち際に集まっているのが見られた。10数羽ほどの群れの6羽ほどが、近くに集まって餌を探して地面をつついていた。海岸の砂浜には打ち上げられた海藻が所狭しと散らばり、シギ達には保護色になって快適なエリア。
 キョウジョシギは夏羽が彩り多く、オレンジの足、背は赤褐色で華やか姿だが、体型はずんぐりしている。京女性のような衣装風の姿だということから、京女と名がついたシギ。冬羽は単色調で海岸端に現れても、砂や石や海藻の色に同化して目立たない。飛ぶと白い背や翼、腰の模様が目立つ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest