関係機関の連携強化を ハイジャック想定で対応訓練 石垣空港

ハイジャック対応訓練が行われた=26日午後、新石垣空港
ハイジャック対応訓練が行われた=26日午後、新石垣空港

 新石垣空港管理事務所(石垣英邦所長)は26日、同空港に就航する航空会社や警察、消防などの保安機関を交え、不法侵入対応訓練ならびにハイジャック対応訓練を実施した。

 訓練は不法侵入やハイジャックなどの事案が発生した際、関係機関が連携し迅速な解決を図ることを目的としている。
 不法侵入対応訓練は、航空貨物を預けに来たと称する車両から、不審者が徒歩で制限区域内に進入する想定で実施。制限区域内への不法侵入は、テロ以外にも愉快犯、航空マニアなど様々なケースが想定されることから、例年とは趣向を変え訓練が行われた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest