辺野古排除「安全に配慮」 県警、機動隊の暴力否定 県議会代表質問

 県議会(新里米吉議長)の代表質問が27日から始まった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市移設工事をめぐり、現場で抗議する反対派が機動隊の暴力で排除されたと訴えていることに対し、池田克史県警本部長は「けががないよう十分に配慮している。直接、警察官がけがをさせたことは把握していない」と否定した。

 狩俣信子氏(社民・社大・結連合)は「県警は日ごろから訓練しており、どうすれば痛めることができるか、しっかり分かった上で県民にけがを負わせている」と主張。機動隊の「暴力と過剰警備」を追及した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest