電動スクーター普及へ 国内初、年内にST整備 市と住商

Gоgоrо社の電動スクーターとバッテリーステーション(同社提供)
Gоgоrо社の電動スクーターとバッテリーステーション(同社提供)

 住友商事株式会社は28日、国内で初めてとなるバッテリー交換式電動スクーターのレンタルサービスを年内に石垣市で開始する方針を明らかにした。当面は訪日外国人などのツアー客向けで、近い将来に百台規模を導入し、一般住民も含めた普及を目指す。石垣市は同社と提携し、市内4カ所に充電用のバッテリーステーションを整備する予定。中山義隆市長は28日、市役所で同社幹部らと記者会見し「観光客の利便性が高まるだけでなく、災害時の電力供給源としても利用できる」と期待した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest