石垣でも岩礁破砕許可要求 港湾整備、県と国が対立 県議会一般質問

県議会一般質問で、県職員と答弁を調整する翁長知事(左下)=2日
県議会一般質問で、県職員と答弁を調整する翁長知事(左下)=2日

 【那覇】国が石垣市で進めている港湾整備事業に対し、県が岩礁破砕許可を申請するよう指導し、国が拒否していることが明らかになった。八重山漁協は周辺海域の漁業権を放棄しており、県の岩礁破砕許可が必要かどうかをめぐり両者の認識が対立している。同様のケースとなった米軍普天間飛行場の辺野古移設に伴う埋め立て工事では、県は差し止め訴訟を提起した。2日の県議会一般質問でこの件を取り上げた翁長政俊氏(自民)は「(県が訴訟を提起しないなら)ダブルスタンダードと言われてもおかしくない」と批判した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest