石油製品貯蔵量倍に タンクの設置完了 18年末完成へ りゅうせき

新タンクが石垣港に届き、移送と設置作業が行われた=1日、新港地区
新タンクが石垣港に届き、移送と設置作業が行われた=1日、新港地区

 りゅうせき(沖縄県浦添市、當銘春夫代表取締役社長)の八重山油槽所の移転工事が進んでおり3日、石垣市新港地区へのタンク設置が完了した。新油槽所は2018年12月に完成予定。総事業費は約60億円。

 同社によると、移設することで石油製品の貯蔵量は現在の6513㌔リットルから1万4200㌔リットルと約2・2倍となる。ガス製品は250トンから600トンと2・4倍の数量となり、需要が高まっても十分な供給量を維持できるとみている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest