「オスプレイNO」訴え 約20人が空港で抗議 平和憲法連絡協

シュプレヒコールを挙げ、オスプレイの撤退を訴える参加者ら=4日、南ぬ島石垣空港付近
シュプレヒコールを挙げ、オスプレイの撤退を訴える参加者ら=4日、南ぬ島石垣空港付近

9月29日に南ぬ島石垣空港に緊急着陸し、4日まで駐機したオスプレイ1機に対し、平和憲法を守る八重山連絡協議会(上原均、江川三津恵、平地ますみ共同代表)は4日午前、機体の見える同空港のフェンス沿いで抗議活動を行った。参加者約20人が「市民の生命と安全を守れ」「ノーオスプレイ」などシュプレヒコールを挙げ、オスプレイの撤退を訴えた。
 上原共同代表は「軍民共用空港ではないのに異常事態。断固として抗議すべき」と断言し、「本当にトラブルがあったかも分からない。事前調査、データ集めの可能性も考えられる」と不信感を募らせた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest