「宜野湾市民の安全無視」 市民8人、移設訴訟に参加申し立て

記者会見で訴訟への参加を那覇地裁に申し立てたと発表する平安座会長(右端)=5日、県庁
記者会見で訴訟への参加を那覇地裁に申し立てたと発表する平安座会長(右端)=5日、県庁

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で、宜野湾市民でつくる「宜野湾市民の安全な生活を守る会」(平安座唯雄会長)は5日、県が国を相手に移設工事の差し止めを求めた訴訟への参加を那覇地裁に申し立てた。「辺野古移設阻止」を掲げる翁長雄志知事が同飛行場の危険性除去をいたずらに遅らせ、市民の安全を無視しているとして、法廷で「即刻の却下」を訴えたいとしている。申し立て人は宜野湾市民8人。参加の可否は同地裁が判断する。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest