米軍ヘリ、着陸時に大破炎上 乗員、住民にけが人なし

米軍ヘリとみられる機体から上がる炎と黒煙=11日午後6時ごろ、東村(依田啓示さん提供)
米軍ヘリとみられる機体から上がる炎と黒煙=11日午後6時ごろ、東村(依田啓示さん提供)

 11日午後5時20分ごろ、沖縄本島北部の上空を飛行していた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備のCH53E大型輸送ヘリコプターが訓練中に出火し、東村高江の米軍北部訓練場に近い民間地に緊急着陸した。米海兵隊が発表した。機体は炎上、大破した。小野寺五典防衛相によると、乗員7人や周辺住民にけがはなかった。

 沖縄県の消防によると「米軍機が墜落し、黒煙が上がった」と近隣住民が119番した。現場は牧草地。米軍が航空機などで消火活動を行い、約3時間後に鎮圧状態となった。
 翁長雄志知事は記者団に対し「強い憤りを感じている」と抗議の意を表明、原因究明までの同型機の飛行中止を求めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest