高江ヘリ炎上、抗議可決 岩礁破砕差し止め追加請求も 県議会

 【那覇】県議会(新里米吉議長)は16日、本会議を開き、東村高江の村民所有地に普天間飛行場所属の米海兵隊CH53E大型輸送ヘリコプターが不時着し炎上した事故の意見書と、抗議決議を全会一致で可決した。同意見書と抗議決議は、事故現場周辺にヘリパッドが建設され民間地の上空で訓練が激化、住民が危険視する中で事故は起こったと指摘。民間地と水源地の上空での米軍機の飛行訓練の禁止、同ヘリパッド6箇所の使用禁止を求めた。岩礁破砕差し止めの追加請求は与党会派の賛成多数で可決された。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest