きょうから3日攻防 県選管、期日前投票活用を 衆院選

 【那覇】衆院選は19日から「3日攻防」に入り、各陣営がラストスパートをかける。各陣営とも期日前投票に力を入れているが、沖縄には投票日の22日、台風21号が接近する恐れがあり、県選挙管理委員会も有権者に期日前投票の活用を呼び掛ける異例の事態になった。
 県選管は、県内各地域の天候を投票日直前まで見極めた上で、投開票繰り延べも含めて最終的に判断する。ある陣営の関係者は「台風で投票率が落ちると選挙結果にも影響が出る。期日前投票に力を入れたい」と話した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest